アレルギー治療

アラテック・セラピー

 

アラテック・セラピーとは、アメリカの鍼灸師が開発したアレルギー・過敏症に特化した治療法で1995年以降アメリカやオーストラリアで20年以上の臨床実績のある治療法です。しかし、日本ではまだ馴染みのない治療法なので、今後の普及が期待されている治療法です。

2018年現在、アラテック・セラピーを受けられるのは埼玉では当院のみとなります。また、お問い合わせ頂ければ、お近くでアラテック・セラピーを受けられる治療院と先生をご紹介いたします。

日本やアメリカだけではなく、世界中でアレルギーや過敏症に悩まされている方は年々増加の一途をたどっています。

日本では、花粉症・アトピー性皮膚炎・喘息が代表的なアレルギー・過敏症にあたり、その患者数も大幅に増加しています。


アレルギー・過敏症とは?

 

日本でも多くの方が悩んでいるアレルギーや過敏症は、本来は無害であるはずの物質に対して身体が有害だと認識してしまい身体に異常な反応を起こします。さらに、一度アレルギーや過敏症になると脳が有害物質だと記憶してしまい、以降その物質に晒されると身体に反応が出てしまうのです。

そして、皆さんがアレルギーだと思っている症状も実はアレルギーではなく、過敏症にあたる場合がほとんどです。実は、真のアレルギーの方は全体の2%未満だと言われています。

アレルギーの代表格とも言われる花粉症なども、本来は人間にとって無害の花粉に対して身体が過剰に反応してしまう過敏症にあたるのです。

アラテック・セラピーでは、身体がアレルギーだと誤認識してしまった物質を「無害なものだよ」と認識を変えてあげることができます。つまり、頭に無害だと上書き保存してあげることで症状が良くなっていきます。

アレルギー症状が出る時はアレルギーになる原因物質(アレルゲン)に対してIge抗体が作られることで症状を起こすと言われていますが、アラテック・セラピーでは考え方が少し違い、免疫システムにアプローチするのではなく、器官のシステムにアプローチしていく方法なので症状を起こしている臓器を整えていきます。


アラテック・セラピーの特徴

・アラテック・セラピーは鍼を使わずにツボを刺激するので身体に負担をかけることは全く無いため、鍼が苦手な方や、小さなお子様でも施術を受けることができます

・アラテック・セラピーの施術を受けた後、症状が出なくなれば基本的にはその後、通院の必要はありません


アラテック・セラピーではできないもの

・アナフィラキシーをお持ちの方は施術を受けることはできません。

・消化酵素の不足による症状、菌やウィルスによる症状に対しては施術しても効果はありません。


アラテック・セラピーで治療できる症状

 

 

呼吸器系

花粉症、ホコリやハウスダストによる鼻水、鼻づまり、喘息など

 

皮膚疾患

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、痒み、湿疹など

消化器系                          

胃もたれ、逆流性食道炎、胸焼け、食物アレルギーなど

 

気象系

頭痛、偏頭痛、身体の重だるさ、疼痛、めまい、日光アレルギー、熱がり、寒がり、湿気に弱いなど

 

その他

金属アレルギー、車酔い、気分の乱れ(イライラなど)、疲労感、動物アレルギー、化学物質など

 

  ピアスj       猫

 

 

 

 


アラテックはいかなる結果も効果も保証しません。そして、多くの場合は症状の軽減に高い効果を有しますが、稀に効果がない場合があります。