手首や指を動かすと痛い方必見!

  • 0

手首や指を動かすと痛い方必見!

Category : 症状・疾患 , 腱鞘炎

こんにちは!!

まだまだ花粉症でマスクが手放せなくって辛い中丸です(´・ω・`)

H28.4.26

 

今日は花粉症!!・・・ではなくて、腱鞘炎について(‘ω’)ノ

手首や指をうごかすと痛みが走ったり、曲がりづらい、力が入らない

などの症状がある方はもしかすると腱鞘炎かもしれません!

 

腱鞘炎になる方の特徴としては手先をつかう仕事や、パソコンなど長時間使うようなデスクワークのほか家事や育児でも発症してしまうことがあります。

 

 

腱鞘炎には何種類かありますが大きく分けて2つあります!!

そのひとつにばね指というものがあります

ばね指とは指を曲げたり伸ばしたりするときに痛みがでたり、カクンッと引っかかるような感じがします。

 

そしてもう一つにドケルバン腱鞘炎というものがあります。

ドケルバン腱鞘炎は手首の親指側が痛くなることが特徴です。

 

もし腱鞘炎になってしまうと日常生活が困難になってしまうほど、ちょっとしたことで痛みを覚えたりします。

病院へ行くと痛み止めや湿布などを処方されることが多いのですが、痛みがひどい場合

局所麻酔入りのステロイド注射などを行って炎症や痛みを抑えたりもします。

しかし、中には注射を行っても改善されないこともあるようです。

さらに、場合によっては手術を進められることもあるようです。

 

 

当院に腱鞘炎で来られた患者さんの場合、1回の治療で痛みが和らぎ、鍼灸治療で確かな効果を感じられたようです。

それから数回通われ、今では日常生活に支障がない程度になっているようです。(個人の感想です)

 

腱鞘炎だけではなく他の疾患でもいえることですが、痛い場所が必ずしも痛みの原因とは限らず全く別の場所が原因の場合があります。

そのため鍼灸治療では、痛みの場所だけではなく身体全体の調節を行うので痛みの原因となる根本的な部分にアプローチすることができます。

もし腱鞘炎の症状をみて「あれ?私の症状と同じかも??」と心当たりがあった方は近くの鍼灸院へ行かれてみてはいかがでしょうか。

 


Leave a Reply